« 大人の寺子屋 書×Voice | トップページ | 緊急告知 本日TV出演 »

2010年8月15日 (日)

人はなぜ生きるか

戦後65年の終戦記念日を迎えた。この日が来ると毎年「人はなぜ生きるか」ということを改めて考えさせられる。私は祖父を戦争で亡くしていることもあり、小さい頃よりお正月は必ず靖国神社に詣出ていた。

まだ幼稚園のころだろうか遊就館に入った時、血染めの軍服や日の丸を見て怖いというよりは無性に悲しくなったのをはっきり覚えている。そして何年か行っている内にその悲しみがあんなに生きたいと思っていながら亡くなって行った英霊たちの無念さだと分かった。今私達がこうして生きていられるのも歴史の中でお国の為と思い死んで行った彼らの礎の上になりたっているのだ。そういう意味では生かされているのだと思う。

戦争は本当に無意味なものだと思う。勝っても負けても多くの人を不幸にする。勝ったとしても人は驕り、堕落の道を下って行き文明が滅亡するのは過去の歴史が物語っている。私達はその歴史が示している事実を忘れずに見つめていかなければならない。そして二度と戦争の起さない世界にしていかなくてはならない。それがせめてもの英霊たちへのご恩返しになるだろう。

今生かされている私達は英霊達に畏敬と感謝の念を持って自分達の人生を輝かせ、多くの人の人生を輝かせて人生をまっとうすることが大切に思う。なぜならば彼らがいなければ今の私達の人生は存在してなく、そういう意味では人は過去、現在、未来において繫がっているからだ。そう、皆が幸せになることこそ自分が幸せを掴む道なのだから。

|

« 大人の寺子屋 書×Voice | トップページ | 緊急告知 本日TV出演 »

感謝・感動・感銘」カテゴリの記事

コメント

平和を超えた、天・地・人の大和(だいわ)の世となるためには、ひとりひとりの心と身体の平和・平安から始まるものと思われます。
そういった意味でも、和の国日本は、世界の中でも今後重要な役割を果たしていくものと思います。

投稿: イージス | 2010年8月16日 (月) 01時37分

イージスさん

おっしゃるとうりですね。私はフロリダの
ディズニーワールドで人を喜ばす数々の学びを得てきました。
でも和の文化の中にはそれを超えるものが
あることも確信しました。
人を慮る気持ち、皆が和となって幸せになっていく志を今もう一度見つめ直したいですね。

投稿: ueda | 2010年8月16日 (月) 08時50分

この日記を読んで、
心にじーんときました。
沖縄で生まれた育った私にとって、
戦争とはきっても切れないことだからです。

ご先祖様の命を次に繋げるためにも、
しっかりと生きていきたいです。

この日記を拝見できたことに感謝します。

投稿: かーりぃ | 2010年10月10日 (日) 09時24分

かーりぃさん

コメントありがとうございます。

共感して頂き嬉しいです。

そう、命は紡いでいくものだと思います。良い状態で次の世代にバトンタッチしてあげたいですよね。

投稿: ueda | 2010年10月10日 (日) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056617/36180804

この記事へのトラックバック一覧です: 人はなぜ生きるか:

« 大人の寺子屋 書×Voice | トップページ | 緊急告知 本日TV出演 »