« 今話題のスポット | トップページ | お知らせ 橘家和事教室 書の巻 »

2010年10月 7日 (木)

本物を観た時のみ触れられる感性

先日美輪さんのコンサートに行ってきた。二部構成で前半は戦後の古き良き時代の日本の歌、後半は40年代を中心とするシャンソンの世界。

私には本物を観た時のみ触れられる感性がある。

それはまるでヴァチカンミージアムのシスティーナ礼拝堂で名画を見るようでもあり、多くの人の生き様を描いた小説を読んだ後のようであり、名作の映画を何本も見たような感覚でもある。

そこには普遍的なものがあり生きる上で何が大切か、どうあるべきかという根源的なものを教えてくれるものだ。特に芸術は言霊では表現しきれないものを直接心に伝えてくれる。マイケルジャクソンの「THIS IS IT」を見てメッセージを感じるように http://enkaina2.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/this-is-it.html    

そういう意味では美輪さんのコンサートは間違いなくそのひとつであろう。なぜあんなに多くの老若男女が最後スタンデイングオペレーションで絶賛の拍手を贈るのか。それはもはや理屈ではないと思う。

生きていく上でこれからいつくの本物に出会えるか、人生の楽しみ方のひとつである。私自身も本物に近づく為に学び実践していかなければならない。自分の生き様の中でしか本物にはなれないのだから。

Cimg2678

Cimg2679_2

|

« 今話題のスポット | トップページ | お知らせ 橘家和事教室 書の巻 »

感謝・感動・感銘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056617/37095394

この記事へのトラックバック一覧です: 本物を観た時のみ触れられる感性:

« 今話題のスポット | トップページ | お知らせ 橘家和事教室 書の巻 »