« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

真剣なる仲間づくりできた企業が時代を生き残っていく

講演で箱根、群馬、仙台とおじゃました。職種も運送業界、経営者の方々、石膏業界と様々な皆さんにご縁を頂戴しました。今どの業界も苦しくそれぞれの努力を重ねながらがんばってらっしゃいますが生き残っている企業に共通していることの一つに人材育成が旨くいっていることがあげられます。私が三越やディズニーでやってきた人材育成は強いチームを作ること、その為の真剣な仲間づくりを意識してきました。

今注目をあびているもの、受け入れらているものもこの仲間づくりです。日ハムに言った斉藤君が言った「斉藤は何か持っていると言われ続け今日確信しました。それは仲間でした」という名言。そして岡田ジャパンで活躍して帰国した時の選手達の「この仲間でやれてよかった」という言葉、芸能界でも嵐、エグザイルなどの今売れている人達のキーワードも仲間、漫画のワンピースも仲間です。

時代のキーワードは仲間であり、和の心です。人は自分の利益のみで戦うと限界がありますが、誰かの為皆で喜びを分かちあう為であれば頑張っていけるでしょう。そこにおいて大切にしなければならないのは、皆がいかんなく自らの才能を発揮し仲間に貢献していること。この志を持った企業こそがこれえからの新たなる時代を生き残っていくでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

江戸思草(しぐさ)

日本の文化を伝えるべき「平成しぐさ、ふるさとしぐさ」優秀作品発表会で記念講演させて頂きました。
この会は2年前上西コーチと二人でワクワクして1観客として見に行っていたのが今度私が語る側のステージに立つとは考え深いものがありました。
表彰された小学生、中学生、高校生、大人部門の作品がそれぞれ素晴らしく、しぐさとはようは相手に思いやりを持って接することなのです。小学校4年生の子がいつもプリントを配る時、「どうぞ」「ありがとう」という言うことを心がけているとのお話しがあり、言うだけで言うほうも言われた方もにっこりになるということを発表していました。1年生の子は他の人が嫌な思いをしないようにスリッパや靴を必ず揃えるとのこと。多くのことを教わると同時にこの思いやりが広がっていけば必ずや日本も素晴らしい国になっていくことを確信しました。
                                              
Cimg3010
Cimg3038
Cimg3042
Cimg2990_2 Cimg3047
江戸しぐさの第1人者越川先生と共に

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

講演ご案内 江戸しぐさ

あこがれの江戸しぐさの発表会で講演をさせて頂くことになりました。2年前は1観客として見ていた私があの舞台に立てるとは光栄なことです。以下ご案内です。

第3回 わたしの「平成しぐさ・ふるさとしぐさ」コンクール

優秀作品発表会ご案内

わたしの「平成しぐさ・ふるさとしぐさ」コンクールも3回目をかぞえます。

だんだん応募数も増え、また全国にご当地しぐさが生まれるなど、楽しい広がりを見せております。また、学校単位での応募もふえおります。先生方がともに取り組んでいただいていることはとても嬉しいことです。

発表会にて応募された皆様の作品にふれていただき、そして、生活の中に江戸しぐさの考えかたや、しぐさをよみがえらせることで、思いやりの心がいきいきと感じられるような社会となるヒントを見つけていただけたら思います。

「江戸しぐさ」って何!と思っていらっしゃる方にもどうぞお声をかけていただき、「江戸しぐさ」を知っていただくきっかけにしていただきたいと考えております。

NPO法人江戸しぐさ

理事長 越川禮子

NPO法人江戸しぐさ事務局

150-0021東京都渋谷区恵比寿西2-2-10-301

TEL 03-5456-6493 FAX 03-5457-2503

E-mail info@edoshigusa.org

わたしの「平成しぐさ・ふるさとしぐさ」コンクール

優秀作品発表・記念講演会

<日 時>  2010年11月21日(日) 

         午後1時~430分(開場午後1230分)

<会 場>  日本橋社会教育会館

<定 員>  180

<費 用>  無料

<内 容>  【 1300 開 演 】

【 1310 第一部 】  

ディズニーランドと江戸しぐさ 上田比呂志氏

小笠原流から江戸しぐさへ  尾崎栄子氏                                     

【 1430 第二部 】 

 コンクール表彰式

【 1545 第三部 】  

江戸しぐさパフォーマンス

                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

沖縄縁かいな夢倶楽部

沖縄縁かいな夢倶楽部でお話しをしてきた。

これは「喜びは掛け算に、問題は割り算」にを理念に素晴らしいご縁を多く結び、仲間の夢実現の為できることを協力し、皆がワクワクしながら人生を生きてゆくこと。その為に何を大切にしなければいけないか、どう行動していけばよいかを学ぶ場でもある。

今回のテーマは「夢を描き、豊かな人生を創造してみよう」夢を持つということがどういうことなのか、どのように人生が変わっていくのかを学んでいった。又ビジネス編として「ディズニーから学んだ人材育成マネイジメント」の2部構成でやらせて頂いた。今回も大勢の方に参加頂き幸せな時間を共有できた。

これも縁かいな夢倶楽部のスタッフの皆さんがワクワクしながら何回もミーティングを重ね築きあげてきた成果だ。心から感謝したい。企画している本人達がワクワクしなければいらした方達に感動を与えることはできない。これが真理だ。

縁かいな夢倶楽部のブログ http://okinawaenkaina.ti-da.net/

キーワードは斎藤 佑樹君が言っていた仲間作りであり、これは和を重んじる日本文化の良さでもある。沖縄を起点にこの幸せの仲間作りの風が全国に広がっていければと思う。

Img_86391

Img_58431

Img_83881

Img_82511 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

講演禄 豊前商工会議所青年部様

福岡の豊前商工会議所青年部さんのお招きで豊前市に行って参りました。北九州空港で降りて車で約1時間程の所にあるのですが、山と海に囲まれ自然豊かな素晴らしい所でした。大変良いご縁を頂戴し感謝・感動・感銘です。

Cimg2830

Img_34861

Img_44331

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

伝え残していかなければならないもの

今、橋田壽賀子さん脚本の99年の愛を見た。私達には決して忘れてはいけないもの、伝え残して行かなければいけないものがある事に気づかされた。私の母の代は戦争を経験している。戦争がどんなに悲惨で多くの人の運命を変えていったか。母も父親を戦争でなくし、おばあさんと一緒に長女として三人の弟や妹の面倒を見ながら食うものも食えず必死になって生き抜いてきたそうだ。どれだけ多くの人が戦争で亡くなり、どれだけ多くの悲しみを生んでいったのか。それを思うと心が苦しくなる。

生き残った人々は生きたくても生きられなかった人のことを思い、逞しく、本当に逞しく生き抜いてきた。戦争で死んでいった若者達もどんなに生きたかったか。でも明日の日本を信じて死んで行った若者達も数多くいたに違いない。その礎の上に今の私達が生かされている。今健康で生かされている私達は先人達へのせめてものご恩返しとして一人一人が夢を持ち、平和なより良き日本、世界を築いていかなければならない。

私達日本人は昔から鎮守の森という言葉があるように自然を大切にし、四季を愛で時には温泉という地球からのギフトに癒されてきた。一方アメリカ人は開拓の民族でネイティブアメリカンから土地を奪い自然を破壊しながらも人類に文明というものを築いてきた。全ては陰陽のバランスで成り立っているのかもしれない。

私達は今こそ日本民族としての大切なお役目を忘れず、伝え残していかなくてはならない。それがあんなに生きたいと思って亡くなっていった先人達の明日を引き継ぐということなのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

TV出演情報

私がメンタルコーチをしているラフティングジャパン金メダリストの池田拓也君がNHKのスポーツ大陸に出演します。ラフティングがどんなスポーツか分かって頂く意味でも是非ご覧下さい。

池田 拓也(いけだ たくや)
1979年2月5日生まれ 長野県出身
ラフティング選手
ラフティングチーム・テイケイ所属。2007年世界大会・韓国で総合3位、2009年世界大会・ボスニアヘルツェゴビナで準優勝、2010年世界大会・オランダで総合優勝。
BS1 2010年 11月 6日(土) 午後 11時00分~
総合 2010年 11月 7日(日) 午前 10時05分~
※関西地方(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)

2010年 11月10日(水)【火曜深夜】 午前 0時15分~

Cimg2379_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

お知らせ 橘家和事教室 茶の巻

日本文化に触れながら大人が無邪気に遊べる場づくりをし、心と感性を磨いて頂く橘家和事教室のご案内です。

第5回目の今回は茶道をお届けします。相手の気持ちを慮る、茶道にはそんな日本古来の大切なおもてなしの心が感じられます。どうぞ皆様ご参加下さい。



第5回 【茶道】 客の作法(お抹茶の頂き方他)

<茶道家 表千家教授 月川宗江(つきがわそうこう)>

■ご案内役  大坪英理子■

【日時】 11月6日(土) ①16:00~17:30 ②18:00~19:30

【定員】 各回15名(先着順)

【参加費用】お一人様 3,500円

【場所】 荒木町 橘家 
     〒160-0007 東京都新宿区荒木町11 橘家ビル
=============================================
【お申込み】↓
http://my.formman.com/form/pc/XfL0cgyZz2PQqm2P/
=============================================
【月川宗江(つきがわそうこう)プロフィール】
1969年 表千家に入門。(以後、夫の転勤で東京・福岡・長崎に居住し、各地で研鑽を積む)
1973年 東京不審庵、東京美術倶楽部でお点前。
1992年 新喜楽(東京)でのお家元の初釜にて、一服を頂く光栄に預かる。
1995年 表千家教授の資格取得。
教授として茶道指導。
その傍ら、「客の作法~お抹茶の飲みかた~」講座を各地で展開。好評を博し、生徒数多数。
2006年 ハワイ滞在の折は、現地にてイタリア人観光客団体に茶道の手ほどきを行い喜ばれる。
2007年より、大手企業にて「ホスピタリティ茶道研修」を、大坪英理子(長女)と共にご提供。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

講演録 サッポロビール様 

先日初雪と共に札幌に行きサッポロビールさん主催の2010年繁盛店の扉フェアで基調講演をさせて頂いた。

当日は物産展のようにいろいろなメーカーさんが出店し、賑やかな横でもちろん旨いサッポロビールの試飲できるブースも。朝のうちは雪が降っておりもじどうり凍える寒さだったがお昼過ぎから晴れてくれ私の講演のころは良い天気に。晴れ男のジンクスは破られなかった。

会場の京王プラザホテルの大広間にはなんと約350名近くの方が集まってくださり人の多さと規模に驚いた。北の大地は皆さんの熱気が伝わってくる熱い大地だった。

Cimg2772

Cimg2765

北海道は初雪

Cimg2759

ホテルに着くとサッポロビールの担当原田様より心の篭ったおもてなしの文章とビンテージビールが届けらていた。感激!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »