« 江戸思草(しぐさ) | トップページ | 心を磨き知に変える »

2010年11月29日 (月)

真剣なる仲間づくりできた企業が時代を生き残っていく

講演で箱根、群馬、仙台とおじゃました。職種も運送業界、経営者の方々、石膏業界と様々な皆さんにご縁を頂戴しました。今どの業界も苦しくそれぞれの努力を重ねながらがんばってらっしゃいますが生き残っている企業に共通していることの一つに人材育成が旨くいっていることがあげられます。私が三越やディズニーでやってきた人材育成は強いチームを作ること、その為の真剣な仲間づくりを意識してきました。

今注目をあびているもの、受け入れらているものもこの仲間づくりです。日ハムに言った斉藤君が言った「斉藤は何か持っていると言われ続け今日確信しました。それは仲間でした」という名言。そして岡田ジャパンで活躍して帰国した時の選手達の「この仲間でやれてよかった」という言葉、芸能界でも嵐、エグザイルなどの今売れている人達のキーワードも仲間、漫画のワンピースも仲間です。

時代のキーワードは仲間であり、和の心です。人は自分の利益のみで戦うと限界がありますが、誰かの為皆で喜びを分かちあう為であれば頑張っていけるでしょう。そこにおいて大切にしなければならないのは、皆がいかんなく自らの才能を発揮し仲間に貢献していること。この志を持った企業こそがこれえからの新たなる時代を生き残っていくでしょう。

|

« 江戸思草(しぐさ) | トップページ | 心を磨き知に変える »

感謝・感動・感銘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056617/37882326

この記事へのトラックバック一覧です: 真剣なる仲間づくりできた企業が時代を生き残っていく:

« 江戸思草(しぐさ) | トップページ | 心を磨き知に変える »