« TV出演情報 | トップページ | 講演禄 豊前商工会議所青年部様 »

2010年11月 7日 (日)

伝え残していかなければならないもの

今、橋田壽賀子さん脚本の99年の愛を見た。私達には決して忘れてはいけないもの、伝え残して行かなければいけないものがある事に気づかされた。私の母の代は戦争を経験している。戦争がどんなに悲惨で多くの人の運命を変えていったか。母も父親を戦争でなくし、おばあさんと一緒に長女として三人の弟や妹の面倒を見ながら食うものも食えず必死になって生き抜いてきたそうだ。どれだけ多くの人が戦争で亡くなり、どれだけ多くの悲しみを生んでいったのか。それを思うと心が苦しくなる。

生き残った人々は生きたくても生きられなかった人のことを思い、逞しく、本当に逞しく生き抜いてきた。戦争で死んでいった若者達もどんなに生きたかったか。でも明日の日本を信じて死んで行った若者達も数多くいたに違いない。その礎の上に今の私達が生かされている。今健康で生かされている私達は先人達へのせめてものご恩返しとして一人一人が夢を持ち、平和なより良き日本、世界を築いていかなければならない。

私達日本人は昔から鎮守の森という言葉があるように自然を大切にし、四季を愛で時には温泉という地球からのギフトに癒されてきた。一方アメリカ人は開拓の民族でネイティブアメリカンから土地を奪い自然を破壊しながらも人類に文明というものを築いてきた。全ては陰陽のバランスで成り立っているのかもしれない。

私達は今こそ日本民族としての大切なお役目を忘れず、伝え残していかなくてはならない。それがあんなに生きたいと思って亡くなっていった先人達の明日を引き継ぐということなのだから。

|

« TV出演情報 | トップページ | 講演禄 豊前商工会議所青年部様 »

感謝・感動・感銘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056617/37573302

この記事へのトラックバック一覧です: 伝え残していかなければならないもの:

« TV出演情報 | トップページ | 講演禄 豊前商工会議所青年部様 »