« 祈り、心に寄り添う | トップページ | 癒しとパワーの聖地沖縄 »

2011年3月22日 (火)

近き心を労わり、遠き希望を見つめよう

大阪で大久保さんプロデュースの縁かいな夢倶楽部のチャリティー講演をさせて頂いた。

この講演は震災以前から決まっており、今回このような大災害の試練を受け私達は誰もが胸が潰れるような思いをしている中で正直言って今回の講演を辞めようと思っていました。

でも大久保さんからこんな時期だからこそやって欲しいという皆さんからのメールが多いことを聞いて自分にもう一度問いかけました。私が今できることは何だろう、私は何がしたいのだろうと。東京は未だ余震も多く原発の恐怖、計画停電もあり張りつめた空気であり母を残して大阪にくることも心配でした。

今同じこの瞬間、愛する人を無くし、寒い中歯を食いしばって耐えている人達がいる。

原発という想像絶する恐怖に日本中の人達の生を背負い勇敢に戦って下さっている人達がいる。

今の私にできることは言霊師として伝え人として明日の日本を復興していく為のエネルギーを皆で蓄えていくお手伝いをさせて頂くことだと感じました。そして、収益を義援金とさせて頂き少しでもお役にたてればと思い開催させて頂きました。

当日は沖縄の縁かいなのプロデューサーの優子さんやわざわざ倉敷や滋賀からも駆けつけて下さり60名近くの方にお集まり頂きました。心より感謝致します。お話しをさせて頂く中で皆さんの気持ちも同じだという事をひしひしと感じました。皆さん心を痛め何かさせて頂きたいと思ってらっしゃいました。

私は食事を取る時、お風呂に入る時、夜寝る時、朝起きた時心の中で感謝するようになりました。

そうやって一日を過ごしていると何気ない生活の中でどれだけ感謝することが多いのか見えてきます。

何気ない一日がどんなに幸せか気づきます。

今この瞬間にも耐え戦っている仲間がいるのです。

私達は感謝の気持ちを忘れず、震災にあわれた方の近き心を労わり、遠き希望を信じ見つめましょう。そして多くの仲間が手を携え明日の日本を復興する為に立ち上がる勇気とエネルギーを蓄え与え続けましょう。だって私達の祖国日本なのですから

|

« 祈り、心に寄り添う | トップページ | 癒しとパワーの聖地沖縄 »

縁かいな夢倶楽部」カテゴリの記事

コメント

大阪での講演会をありがとうございました。

懇親会も含め初参加させていただきました西森(にっしゃん)です。

講演会および懇親会で感じましたことは、上田先生の「仲間を大切にしよう」という軸がとてもしっかりされていることと、人間の長所を見ていこうとされる暖かいまなざしでした。

それに加えて大久保さんとの人間的な強い絆があるからこその、大久保さんへのユーモアを交えた厳しいアドバイスにも感銘を受けました。

これからも参加させていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

投稿: 西森義和 | 2011年3月23日 (水) 09時00分

森義和さん

メッセージありがとうございます。
一緒に今出切ることを一歩ずつやっていきましょうね。
これからも宜しくお願い致します。

投稿: ueda | 2011年3月26日 (土) 10時31分

上田さん、こんにちは。
大阪での講演会お疲れ様でした。
大阪講演会に参加されていた優子さんが沖縄に戻られ、早速沖縄縁かいな夢倶楽部スタッフミーティングがありました。
優子さんが上田さんから預かってきた想いと大阪の皆さんの温かくて力強い絆のお話をスタッフの皆さんとシェアさせていただきました。

上田さん、そちらはまだ日常のいろいろな事が不安定で落ち着かない状況だとお察しいたします。

でも、必ず明日が明るくなって行くと信じて感謝の気持ちで心に光を灯して、一人ひとりの光を繋いていきたいものです。

「近き心を労り、遠き希望をみつめよう」
私たちが優子さんに託した沖縄の元気なエネルギーを東日本に持ち帰っていただけましたでしょうか?

5月の沖縄講演会を楽しみにしています。

どうか日々、お元気で・・・。

投稿: zakky | 2011年3月26日 (土) 10時35分

Zakkyさん

いつも沖縄から太陽のようなエネルギーありがとう。確かに受取ってますよ。zakkyさんの笑顔は皆に立ち上がる活力を与えてくれます。
今こそ沖縄のゆいまーるの心が必要ですね。
又5月にお会いしましょう。
それまで私もできることをやっていきます。

投稿: ueda | 2011年3月27日 (日) 15時49分

上田さん、ありがとうございました。

多くのイベントや講演会が中止となる中で、余震続く東京からお越しいただくということもあり、開催するかどうか、私自身もかなり迷いました。
でも、『この時期だからこそ自粛より行動をしたい』という吉本興業さんが出された声明を目にして、まさにこの時期だからこそお伝えしたいことがあると確信し、同じように上田さんが感じてくださったからこそ、そして、何より60名近くの皆様が参加くださり、当日お手伝いくださったスタッフの方々全てのおかげさまで開催させていただけたと感謝しております。

そして、今回は、震災以降にお問い合わせやお申し込みが急増し、お越しになる皆様も同じ気持ちでいてくださったことを心から嬉しく感じております。

今回のチャリティ講演会では、マコちゃんが届けてくれた募金、優子さんが届けてくださった沖縄・陽明高校の生徒さんからの募金、当日来場くださった皆様から頂いた募金、写真家・リッキーがチャリティで提供くださったポストカードの売り上げ、スタッフ・ジュンジュンが一日がかりで焼いてきてくださった美味しい30個ものパウンドケーキの売り上げ、経費のみ差し引かしていただいた講演会費(上田さん自ら講演料は寄付くださいました)総額・73456円60セントを震災に遭われた地域の皆様にお役立ていただけるよう寄付させていただくことができました。

全ての方、お一人おひとり様に心より感謝申し上げます。

そして、『近き心を労わり、遠き希望を見つめよう』という上田さんのメッセージを胸に、これからも出来ることをコツコツと続けてゆきたいと思います。

これからも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

投稿: たけちゃん | 2011年3月28日 (月) 00時41分

上田さん こんにちは

先日の大阪での講演会 お疲れ様でした

優ちゃんから 大阪でのお話 伺わせて貰いました

上田さん 私 上田さんが大阪で講演をされている時 久しぶりに山下達郎さんのラジオ番組を聞いていました

山下達郎さんもご自分の番組で震災に遇われた方逹へ向けて 鎮魂の特別番組を作っていました

私は その番組を聞きながら 彼の゛祈り゛を感じました

調度 時を同じくして 上田さんと優ちゃんも゛祈り゛の講演会をされていました

上田さん 私は 感じます
痛みや哀しみや温もりや優しさを

確かに私の中に 震える心が存在します

上田さん 私は この混沌とした状況の中で 希望という光に向かって歩いて行こう、と決めた上田さんに感謝します

真っ直ぐな視線で心の奥を見つめ その光に向かって歩いて行こうと決めた上田さんに感謝します

上田さん 先程のラジオ番組の冒頭で流れた曲も゛希望という名の光゛でした


そして 上田さん 番組の最後に流れた 山下達郎さんの゛蒼ぼう゛と言う曲を聞いてみてください

私の 心の真ん中の曲でした

上田さん 5月に又 お会いしましょう

楽しみにお待ちしています

お身体に気をつけて

投稿: 里美 | 2011年3月28日 (月) 04時11分

たけちゃん

大変な時期の講演会のプロデュース本当にありがとうございました。感謝してます。私達の出来ることを皆さんの心の歩調に合わせながら、前を向き、感謝を持ってやらせて頂きましょう!
これからも宜しくお願いしますね!

投稿: ueda | 2011年3月31日 (木) 17時19分

里美ちゃん

里美ちゃんはいつも一番苦しんでいる人に静かに寄り添える人ですね。
貴方のお陰様で多くの人が助けられていますよ。そしてそれは自分自身をも助けることかもしれませんね。

里美ちゃんがくれた高千穂町の写真は心が苦しんでいる人に差し上げましたよ。
それで良いですね。
里美ちゃんの思いと共にその人を救ってくれるでしょう。

5月又皆で手を携えて、出来る事をさせて頂きましょう。明日の日本の為に。

投稿: ueda | 2011年3月31日 (木) 17時25分

前略 上田 先生 
先日は講演の機会を与えて頂きありがとうございました。
5月の沖縄の講演に参加させて頂きます。
地元の高校生と交流する事を楽しみにしています。詳細が決まったら教えて下さい。

投稿: 山出 光文 | 2011年4月 1日 (金) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056617/39323855

この記事へのトラックバック一覧です: 近き心を労わり、遠き希望を見つめよう:

« 祈り、心に寄り添う | トップページ | 癒しとパワーの聖地沖縄 »