コーチング

2011年3月12日 (土)

祈り、心に寄り添う

皆様地震の被害は大丈夫でしょうか。何かお困りのことはありませんか。

私は外出寸前で自宅で激しい揺れが来てCDは倒れ、お位牌はお落、こんな激しい
揺れは初めての経験で直ぐに1階にいる母に寄り添っていました。
もし外出していたら帰れなかったでしょう。
その後三越でお世話になった方が四谷にいらして帰れなかったので自宅に泊まって頂きました。
今は祈り、自分に何ができるか考えていきましょう。まずは身近に節電。
コーチとして皆さんの心に寄り添いましょう。
多くの皆様にお見舞いのメールを頂戴しております。
ありがとうございました。
皆様もくれぐれも余震などにご注意下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

TV出演情報

私がメンタルコーチをしているラフティングジャパン金メダリストの池田拓也君がNHKのスポーツ大陸に出演します。ラフティングがどんなスポーツか分かって頂く意味でも是非ご覧下さい。

池田 拓也(いけだ たくや)
1979年2月5日生まれ 長野県出身
ラフティング選手
ラフティングチーム・テイケイ所属。2007年世界大会・韓国で総合3位、2009年世界大会・ボスニアヘルツェゴビナで準優勝、2010年世界大会・オランダで総合優勝。
BS1 2010年 11月 6日(土) 午後 11時00分~
総合 2010年 11月 7日(日) 午前 10時05分~
※関西地方(大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)

2010年 11月10日(水)【火曜深夜】 午前 0時15分~

Cimg2379_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

緊急告知 本日TV出演

私がメンタルコーチをさせて頂いているラフティングジャパン金メダリストの池田キャプテンが本日15日の18時~テレビ神奈川tvkニュースハーバーに出演します。デジタル放送の3チャンネルで見れるので宜しかったらご覧頂き、ラフティングという競技を知って頂けたら幸せです。

Cimg2461

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

今宵金メダリストと共に祝杯を

Cimg2460

先月見事世界チャンピオンになったラフティングジャパンの池田キャプテンと優勝の祝杯を掲げた。

彼との出会いは昨年の年末に監督からメンタルコーチングをお願いしますということでお引き受けしたことから始まる。私は正直言ってそれまでラフティングについて良く知らなかったが、学んでいくうちに日本が世界をひっぱっていける数すくないスポーツのひとつになっていくと感じた。ラフティングジャパンは技術的には世界TOPレベル迄いっているが未だ優勝したことはなかった。何かが足りないと感じた監督がキャプテンにコーチングを受けさそうと思われたのだ。

最初会った彼から感じたのは素直でやる気があるが、キャプテンとしてどうチームをまとめていくかの焦点が定まってなかったのと、ビジョンが弱く優勝した時のイメージがリアルに描けてなかったことだ。

半年間の彼とのセッションの後今回優勝する為に彼が実行していったことを改めて確認した。一つ目はお互いをとことん分かりあい強い絆を作っていったこと、二つ目は各種目事にリーダーを決め信頼し全て任せたこと、そして三つ目は自分達がやっていることが多くの人の協力の元に成り立っているという感謝の気持ちが心から溢れ、応援してくれている皆さんの為にも恩返ししたいと決意をしたことを話してくれた。ここに強いチームを作る為のエッセンスがあるだろう。

酒を酌み交わしながら最後に彼が言ってくれた言葉「試合の前日にどうしようもなく不安になった時、上田さんとのセッションの録音を聞き自分の気持ちを前向きに整えました」オランダの地で一人彼がセッションの録音を繰り返し聞いてくれたと思うと最高にしびれ、ちょっぴりほろ苦く旨い酒を味わえた夜だった。

Cimg2461

池田君の活躍は11月6日のNHKのスポーツ大陸(情熱大陸のスポーツ版)でオンエアされる予定です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

東からの風

本日、CTI代表の島村 剛コーチとCPCCの小西奈緒コーチの「東からの風」セミナーに参加してきた。

島村コーチと小西コーチは、11月の国際コーチ連盟(ICF)の国際大会(カナダ モントリオール)で「The Wind From the East」sessionを開催される。

お二人のミッションは、コーチングが米国から日本に来て約10年が経ち、日本から世界のコーチングに何をお返しできるのか、言葉では表わしきれない「東からの風」を、おくってくることです。

キーワードは「礼」「間」「志」。

礼は尊敬。感謝。コーチングの際に相手の目を見てまごころを持って相手に対する。ワークを体験し、相手のやさしい受け入れてくれるまなざしを見るだけで深い安心感が得られる事を改めて体感した。

間とは命、気。風神、雷神の絵を見てその間にあるものを読み取ってみる。相手との気を合わせていくと一体感が得られる。

志とは意志、真心そして無私。自我を無くし人の為に役立つ幸せを感じる。

中々奥深いものであった。日本人は他の民族にない独特の感性を持っている。以心伝心や背中を見て学ぶなど言霊にださなくとも物事を感じる力がある素晴らしい感性を持っている。コーチングにおいてもこの感性は大切だ。

世界に向けて日本のコーチングスタイルを発信される島村 剛コーチと小西奈緒コーチに心からのエールをおくりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

ディズニーとコーチング

今日尊敬する上西コーチの勉強会でお話しをさせていただいた。ベテランのコーチの方が多いのでいろいろと考えた末、いつもと違って講演だけではなく2部構成にして途中でワークを挟んでいった。私としては話を途中で切りワークを挟むのがどうでるのかチャレンジでもあった。結果は大成功。この為にご依頼いた上西コーチとは3回に渡りセッションをしながらつめさせていただいたおかげだと思う。上西コーチには心から感謝したい。

参加して下さった皆さんからも素晴らしいフィードバックの数々をいただいたがそのひとつひとつが私にとっての大きなギフトとなった。一番嬉しかったのは皆さんがディズニーのお話しを自分のコーチングに置き換え考えて下さったこと。「深いところで相手の思いを受け取れるコーチを目指したい」「どうしたら楽しく目標に向かえるかの行動計画を作る」「どんな人にも人生の物語を持っているそれを語る」「コーチがワクワクしながらコーチングしていかないとクライトも楽しめない」「クライアントさんが待ちどうしくなるようなコーチングを行う」など皆さん自身の中で気づきがあったように思う。

多くの皆さんが帰られる時握手を求めて下さった。その中で叉多くのギフトを頂いた。ある方がぼっそっと言って下さった「上田さんは感動の語り部ですね。」そう語り部になろう、それこそが私のお役目なんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)